赤雷通信

2020年12月号 vol.6

漢の涙

2020年12月07日 16:01 by hattrick_company
12月6日(日)に、宇都宮ブリッツェンの2020シーズンエンドパーティーが開催された。
 
新型コロナウイルス感染拡大の影響もあり、例年とは異なる形での進行となったパーティーだったが、来場いただいたファン・サポーターの皆さんはその中でも楽しんでいる様子が伺えた。
 
パーティーの終盤、今シーズンでチームを離れる選手たちが挨拶をする、例年同様の場面があった。毎年涙を誘うこの場面、今年は鈴木譲の涙が印象に残った。
 
 
パーティー後、本人に「泣かせるなよ!」と冗談で言ったのだが、「途中から会場の皆さんの顔が見られなくなって、小森さんの顔見て必死に堪えてました」と倍返しをもらうことになった。
 
 
パーティー後にそんなやり取りはあったが、個人的に鈴木譲の涙の理由は分かっているつもりだ。
 
 
チームミヤタ、愛三工業レーシングチーム、シマノレーシングと強豪チームを渡り歩いてきた鈴木譲にとって、2014年に加入した宇都宮ブリッツェンは自身初となる地域密着型のチームだった。
 
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「地域創生」を考える

2020年11月号 vol.5

不死鳥、五輪へと羽ばたく

2020年11月号 vol.5

For the Team を貫いた男の移籍

2020年10月号 vol.4

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2021年02月号 vol.8

新型コロナウイルスの感染拡大で地域によっては緊急事態宣言が発令、さらに延長...

2021年01月号 vol.7

新型コロナウイルスの感染拡大が続く中で迎えた新シーズン 新チームとなった宇...

2020年11月号 vol.5

ロードレースシーズンが終わるとともに訪れる、シクロクロスシーズン 3年ぶり...