赤雷通信

2020年10月号 vol.4

継続が、花開いた時

2020年10月02日 15:57 by hattrick_company
Jプロツアー第11戦「広島森林公園ロードレースDay-2」でプロ初勝利を挙げた西村大輝。
 
以前に本マガジンで彼のことを扱った時に「勝ちパターンを見つけること」を今シーズンは期待したいということを書いた。そして西村は、サバイバルな展開からのスプリントで、その期待に応えるような素晴らしい勝利を飾ってくれた。
 
 
その集団スプリントの時、西村がフィニッシュラインへと近づいて来る姿を撮影していて、自分は既視感を覚えていた。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

漢の涙

2020年12月号 vol.6

「地域創生」を考える

2020年11月号 vol.5

不死鳥、五輪へと羽ばたく

2020年11月号 vol.5

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2021年02月号 vol.8

新型コロナウイルスの感染拡大で地域によっては緊急事態宣言が発令、さらに延長...

2021年01月号 vol.7

新型コロナウイルスの感染拡大が続く中で迎えた新シーズン 新チームとなった宇...

2020年12月号 vol.6

今シーズンの全レーススケジュールを終えた宇都宮ブリッツェン この時期だから...